社会に適応していく姿勢

ITの仕事に慣れることで、以前よりもその仕事に対して自信を持つようになった方がいることでしょう。自分に向いている仕事に巡り会えたことに幸せを感じていることが窺えてきて、慣れが快感を呼び起こす快楽の薬だとさえ思っているかもしれません。

仕事への慣れからくる高揚した気分により、そのハイテンションな攻撃性から次々と快進撃を叩き出していき、会社を代表する優秀な人材になれることはよくあるのではないでしょうか。仕事に慣れることで、以前よりも無駄を極力省いた仕事が展開できるようになったという手応えを感じた方は、「どんな仕事もコツさえつかめば、たちどころに自分の思うような仕事ができるようになるものだ。人に備わっている学習能力の高さを実感するときというのは、まさに慣れることを信じた結果からくるのではないのか」と思っていることが考えられるのです。

慣れこそが最大の武器だとおっしゃるエンジニアがいるのではないでしょうか。常に手際よく仕事をしていくために、慣れが不可欠だと考えていることが窺えてきて、もっと早く確実な仕事を追及するために、今の仕事を究めることを考慮するようになることは珍しくないでしょう。ITの仕事を通して慣れることは、潤沢に情報が行きかうIT社会を継続していこうとする意志の表れとなり、情報と接点のある社会こそが、幸せを呼び込む泉となるのです。その泉を枯らさずに常に潤わすことに努めていくエンジニアが今後も必要となるのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です